【参加者募集】J-CEFスタディ・スタヂオ TOKYO(2019年12月7日開催分)

[2019/11/7]

12月7日(土)に東海大学にて、TOKYOスタヂオvol.5を開催いたします。今回は東海大学の斉藤仁一朗さんと「一般社団法人こたえのない学校」の喜井悠策さんに、お二人の共同研究での調査結果などを交えて、話題提供をして頂きます。

「主権者教育」という言葉も社会になじみ始めた現在、例えば模擬選挙であったり、例えば子どもたちが何らかの社会問題を深く掘り下げたり、子ども同士で意見を交わすような授業が良いとされる傾向にあります。

しかしながら、日々の学校において、そういった華やかな授業ばかりをやっていられないのも事実。例えば、話し合い活動ばかりをやっていて、教科書の範囲は全て終わるのでしょうか? では逆に、時と場合によっては、一方的な詰込みの授業も仕方がないという、割り切りも必要なのでしょうか?

ここで突き付けられているのは、「教科書の全範囲を教えながら、主権者教育を日々行うことは可能なのか?」という、ある意味で学校現場では日常的な問いです。ただ、この問いこそが、主権者教育における「理想と現実のギャップ」を生み出す重要な論点ではないでしょうか。

そこで今回は、教師のカリキュラム作りについて共同研究をしてきた斉藤さんと喜井さんから、話題提供を行います。今回紹介するのは、「逆向き設計論」という考え方と出会い、一年間のカリキュラムを試行錯誤しながら作り上げようとした教師の事例です。その他、近年のアクティブラーニングの議論の中で、「教科書」はどこに位置づくのかについても、論じたいと思います。

今回の企画では、おそらく参加者の多くが、日々の生活や職場などで抱えているであろう、「理想と現実のギャップ」にスポットを当てながら、学校や授業のテーマだけに囚われない、ざっくばらんな議論が出来ればよいなと思っています。(前提知識などは不要です。)

学校教育の役割、主権者教育に関わる教師の役割をはじめ、「主権者教育をめぐる理想と現実のギャップ」などにご関心がある方など、気楽にご参加いただけますと幸いです。

【テーマ】
「教科書の全範囲を教えながら、主権者教育を日々行うことは可能なのか?」

【当日の流れ(変更になる可能性があります)】
■趣旨説明(5分)
■第1部 「学校を取り巻く理想と現実:学校は何のためにいくのだろうか?」(70分)
・アイスブレイク:参加者同士の自己紹介と自分が理想とした働き方・過ごし方
・問題の共有:なぜ、こんなにもうまくいかないのか?(ある一人の教師の日常から)
・ディスカッション:では、あなたの日常は理想と現実が一致していますか?
・話題提供:主権者教育を取り巻く様々なしがらみ(主に教科書カバーリング問題から)
・ディスカッション:学校は何のために行くのだろうか?
■休憩(10分)
■第2部 「どうすれば、理想と現実を調整できるのだろうか?」(70分)
・話題提供1(喜井):逆向き設計に基づくカリキュラム作りの事例
・話題提供2(斉藤):アクティブラーニングの議論で想定されるいわゆる教科書の位置づけ
・質疑応答・リフレクション「本当にこれでうまくいくのだろうか」(15分)
■まとめ/次回(vol.6)の開催について(5分)

【参考文献】
●三藤あさみ・西岡加奈恵(2010)『パフォーマンス評価にどう取り組むか』日本標準.
*事前の通読は特に必須ではありませんが、関心のある方は事前にお目通し頂くと理解が深まります。

【話題提供者】
斉藤仁一朗(東海大学)
喜井悠策(一般社団法人こたえのない学校)

【日時】12月7日(土)14時〜17時 ※13時45分 開場

【場所】東海大学高輪キャンパス 4号館1階 4102教室 (以下のURLを参照ください)
https://www.u-tokai.ac.jp/info/traffic_map/shared/pdf/takanawa_campus.pdf
東京メトロ南北線・都営地下鉄三田線「白金高輪駅」から徒歩8分、都営地下鉄浅草線「泉岳寺駅」より徒歩約10分、JR京浜急行「品川駅」下車、高輪口徒歩約18分

【定員】15名程(先着順) ※定員超過の場合、申し込みを締め切らせていただく場合があります

【参加費】 会費500円/非会員1000円 大学生・高校生 無料

【お申し込み】こちらのフォームにご記入ください
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSc8WsxR85t1GvMItRxjYvY3TcXuUNSIPu8u-MkgH_h75H-TpA/viewform

J-CEFスタディ・スタヂオTOKYO vol.4 活動報告

[2019/11/5]

2019年10月27日に「学校図書館・公共図書館とシティズンシップ教育」と題して、TOKYOスタディ・スタヂオvol.4を開催しました。
話題提供は有山裕美子さんに、ファシリテーター・進行は荒井 翔平さんに行っていただきました。
詳しくは、活動報告資料(PDF)を作りましたので、ご関心のある方は、ぜひご一読ください。

次回のVol.5.は12月7日開催予定です。今後の皆さんのご参加をお待ちしています!

【参加者募集】J-CEFスタディ・スタヂオ KOBE・KYOTO(2019年11月開催分)

[2019/10/27]

 11月のJ-CEFスタディ・スタヂオはKOBEスタヂオ・KYOTOスタヂオともに今夏に若者の多様な社会参加を大きなテーマとして行ったスウェーデン視察報告となります。
 ご関心ある方のご参加をお待ちしています!新しい方へのお声がけも歓迎いたしますので、ぜひお誘い合わせの上でご参加ください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
J-CEFスタディ・スタヂオ
KOBEスタヂオ vol.44/KYOTOスタヂオ vol.31

■テーマ:若者の多様な参加の回路と社会的包摂−スウェーデン視察報告−
■ゲスト:川中大輔(シチズンシップ共育企画代表・龍谷大学講師)

<KOBEスタヂオ vol.44>
■日時:2019年11月20日(水)19時〜21時(開場:18時45分)
■会場:市民民活動センター神戸 事務所2F
   (阪神西元町駅徒歩1分、JR神戸駅、阪急花隈駅、地下鉄大倉山駅徒歩8分)
    http://kobekec.net/about/access/

<KYOTOスタヂオ vol.31>
■日時:2019年11月22日(金)19時〜21時(開場:18時45分)
■場所:キャンパスプラザ京都6階 龍谷大学講習室(最寄:京都駅下車 徒歩5分)
    http://www.consortium.or.jp/about-cp-kyoto/access

<2会場共通>
■流れ:(1)自己紹介・近況共有(10分)
    (2)ゲストからの話題提供(50-60分程度)
    (3)意見交換(40分程度)
    (4)おわりに(10分)
*KYOTOスタヂオでは,一緒に訪欧した学生からもコメントいただく予定です。

■定員:15名(先着順)
■参加費:会員無料、非会員500円、高校生・大学生 無料

■申込:
 下記フォームにご記入の上、お申し込みください。
 お問合せにつきましても、メールにてお気軽にどうぞ。
 *申込先アドレス:info@jcef.jp(担当:川中)
=======================================
J-CEFスタディ・スタヂオ 申込フォーム
 *メール件名:J-CEFスタスタ申込(お名前○○○○)

・お名前:
・ご所属:
・メールアドレス:
・参加会場: KOBE or KYOTO
=======================================

<今後のKOBEスタヂオ・KYOTOスタヂオの開催日程>
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ○KOBEスタヂオの開催予定
   12月25日(水) 内容未定
 ○KYOTOスタヂオの開催予定
   12月20日(金)「シティズンシップ教育では,今どのような教育者が求められているのか?」
 *両スタヂオともに時間は全て19時〜21時。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■主催:日本シティズンシップ教育フォーラム(J-CEF)

<個人情報の取扱い>
記載の個人情報は本セミナーの実施および今後の催事実施において、日本シティズンシップ教育フォーラムが利用します。個人情報は目的の範囲内で利用するとともに適切な方法で管理し、法令上の特段の事情がない限り、本人の同意なしに第三者への目的外での開示・提供はいたしません。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
*「J-CEFスタディ・スタヂオ」とは、シティズンシップ教育の実践や研究に取り組まれている方、興味関心を持たれている方が集って学びあう場をつくっていきたいと考え、日本シティズンシップ教育フォーラム(J-CEF)が神戸と京都、東京で行っている定例勉強会です。

【参加者募集】J-CEFスタディ・スタヂオ TOKYO(2019年10月27日開催分)

[2019/10/23]

【参加者募集】【TOKYOスタディ・スタヂオvol.4】
 10月27日(日)に東京大学にて、TOKYOスタヂオvol.4を開催いたします。

 今回は工学院大学附属中学・高等学校で司書教諭をつとめる有山裕美子先生から、話題提供をいただきます。

 シティズンシップ教育において、近年「情報リテラシー教育」や「メディアリテラシー教育」が注目されています。正しい情報を取捨選択すること、メディアの発信した情報の意図を汲み取ることは、いずれも主権者として必要不可欠なスキルですが、大人側が単に「情報を正しく判断しなさい」と伝えるだけではなかなか身に付きません。司書教諭であり国語の先生でもある有山先生が、中高校生を対象にどのようなアプローチをされているのか、授業体験を交えながらレクチャーしていただきます。

 また授業にとどまらず、市民性育成においてこれから「学校図書館」が担うべき役割について、そして学校の枠を超えて地域の「公共図書館」が果たす役割や機能についてなど、幅広く「図書館×シティズンシップ教育」というテーマで議論を深めていきたいと思います。

 学校図書館や公共図書館などに関心がある方、情報教育、メディアリテラシー教育に関心がある方など、お気軽にご参加いただけますと幸いです。

ーーーー

J-CEFスタディ・スタヂオ
TOKYO スタヂオ vol.4

【テーマ】
「学校図書館・公共図書館とシティズンシップ教育」

【当日の流れ(変更になる可能性があります)】
 ■趣旨説明/参加者同士の自己紹介(15分)
 
 ■第1部 「学校図書館とシティズンシップ教育」(70分)
  ・有山先生から話題提供①(工学院大学附属中学・高等学校での実践を中心に)(30分)
  ・授業体験ワークショップ(25分)
  ・質疑応答・リフレクション(15分)

 ■休憩(10分)

 ■第2部 「シティズンシップ教育において学校図書館
  ・公共図書館が果たす役割とは?」(50分)
  ・有山先生から話題提供②(学校図書館・公共図書館を取り巻く状況などについて)(20分)
  ・参加者によるディスカッション「シティズンシップ教育において学校図書館・公共図書館が果たす役割とは?」(30分)

 ■まとめ/次回(vol.5)の開催について(5分)

【参考文献】
 ●猪谷千香(2019)『その情報はどこから? ーネット時代の情報選別力』(ちくまプリマー新書)
  https://www.amazon.co.jp/dp/B07PHQR9M1/ref=cm_sw_r_cp_awdb_c_ND9LDbXRB8RYV
 ●坂本旬(2018)『学校図書館とオンライン情報評価能力の育成 ー法政大学第二中学校における実践からー』
  http://bit.ly/30MpRyL
 *事前の通読は特に必須ではありませんが、関心のある方は事前にお目通し頂くと理解が深まります。

【話題提供者】
 有山裕美子さん(工学院大学附属中学・高等学校)
 ファシリテーター進行等:荒井 翔平さん(特定非営利活動法人Rights理事、一般社団法人生徒会活動支援協会理事長)

【日時】
 10月27日(日)14時〜16時半
 ※13時45分 開場

【場所】
 東京大学 本郷キャンパス 医学部1号館 S309

【定員】
 15名程(先着順)
 ※定員超過の場合、申し込みを締め切らせていただく場合があります

【参加費】
 会費500円/非会員1000円
 大学生・高校生 無料

【お申し込み】
 こちらのフォームにご記入ください
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScTuxmMqrqTWuobR1yBHDozErBem3EPLzTY610SQTb_qyubYA/viewform?usp=sf_link

【参加者募集】J-CEFスタディ・スタヂオ KOBE・KYOTO(2019年10月開催分)

[2019/10/13]

 10月のJ-CEFスタディ・スタヂオ,KOBEスタヂオでは選挙活動の実際から主権者教育の取組を捉え直す内容を,KYOTOスタヂオでは若者を支援するユースワークについて学び直す内容を,それぞれ設けることとなりました。
 ご関心ある方のご参加をお待ちしています!新しい方へのお声がけも歓迎いたしますので、ぜひお誘い合わせの上でご参加ください。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
J-CEFスタディ・スタヂオ
KOBEスタヂオ vol.43/KYOTOスタヂオ vol.30

<KOBEスタヂオ vol.43>
■日時:2019年10月21日(月) 19時〜21時(開場:18時45分)
■会場:市民民活動センター神戸 事務所2F(調整中のため変更の可能性あり)
   (阪神西元町駅徒歩1分、JR神戸駅、阪急花隈駅、地下鉄大倉山駅徒歩8分)
    http://kobekec.net/about/access/

■テーマ:選挙の現場から考え直す主権者教育
■ゲスト:原田謙介さん(元NPO法人YouthCreate代表理事)

<KYOTOスタヂオ vol.30>
■日時:2019年10月25日(金)19時〜21時(開場:18時45分)
■会場:キャンパスプラザ京都6階 龍谷大学講習室(最寄:京都駅下車 徒歩5分)
    http://www.consortium.or.jp/about-cp-kyoto/access

■テーマ:改めて「ユースワーク」とは何なのか?
■ゲスト:竹田明子さん(京都市ユースサービス協会チーフユースワーカー)
*今月の内容は,来月に予定されているスウェーデン視察報告への理解の前提をつくることにもなります。

<2会場共通>
■流れ:(1)自己紹介・近況共有(15分)
    (2)ゲストからの話題提供(50分程度)
    (3)意見交換(40分程度)
    (4)おわりに(15分)

■定 員:15名(先着順)
■参加費:会員無料、非会員500円、高校生・大学生 無料

■申込:
 下記フォームにご記入の上、お申し込みください。
 お問合せにつきましても、メールにてお気軽にどうぞ。
 *申込先アドレス:info@jcef.jp(担当:川中)
=======================================
J-CEFスタディ・スタヂオ 申込フォーム
 *メール件名:J-CEFスタスタ申込(お名前○○○○)

・お名前:
・ご所属:
・メールアドレス:
・参加会場: KOBE or KYOTO
=======================================

<今後のKOBEスタヂオ・KYOTOスタヂオの開催日程>
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ○KOBEスタヂオの開催予定
   11月20日(水)「スウェーデンの若者参加に関する視察報告(仮)」
   12月25日(水) 内容未定
 ○KYOTOスタヂオの開催予定
   11月22日(金)「スウェーデンの若者参加に関する視察報告(仮)」
   12月20日(金) 内容未定
 *両スタヂオともに時間は全て19時〜21時。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■主催:日本シティズンシップ教育フォーラム(J-CEF)

<個人情報の取扱い>
記載の個人情報は本セミナーの実施および今後の催事実施において、日本シティズンシップ教育フォーラムが利用します。個人情報は目的の範囲内で利用するとともに適切な方法で管理し、法令上の特段の事情がない限り、本人の同意なしに第三者への目的外での開示・提供はいたしません。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
*「J-CEFスタディ・スタヂオ」とは、シティズンシップ教育の実践や研究に取り組まれている方、興味関心を持たれている方が集って学びあう場をつくっていきたいと考え、日本シティズンシップ教育フォーラム(J-CEF)が神戸と京都、東京で行っている定例勉強会です。

【参加者募集】J-CEFスタディ・スタヂオ KOBE・KYOTO(2019年9月開催分)のお知らせ

[2019/9/21]

 9月のJ-CEFスタディ・スタヂオ,KOBEスタヂオ,KYOTOスタヂオともに,全国的にも名を馳せている隠岐島前高校(島根県)が今どのようなネクストステージを描いているのか,そして,そのビジョンはどのようにつくられていったのかを,今春まで現地で教育コーディネーターをされておられた山中由紀子さんをゲストにお迎えしてお伺いし,学校地域協働の次なる展開を考えることといたします。
 ご関心ある方のご参加もお待ちしています!新しい方へのお声がけも歓迎いたしますので、ぜひお誘い合わせの上でご参加ください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
J-CEFスタディ・スタヂオ
KOBEスタヂオ vol.42/KYOTOスタヂオ vol.29

■テーマ:住民一人ひとりが「自分ごと」として捉えられる地域づくりへの挑戦
     ~島根県・海士町「第3期隠岐島前教育魅力化構想」策定の事例から~
■ゲスト:山中由紀子さん(元海士町教育委員会教育コーディネーター)

<KOBEスタヂオ vol.42>
■日時:2019年9月25日(水) 19時〜21時(開場:18時45分)
■会場:市民民活動センター神戸 事務所2F 会議室
   (阪神西元町駅徒歩1分、JR神戸駅、阪急花隈駅、地下鉄大倉山駅徒歩8分)
http://kobekec.net/about/access/

<KYOTOスタヂオ vol.29>
■日時:2019年9月27日(金)19時〜21時(開場:18時45分)
■場 所:キャンパスプラザ京都6階 龍谷大学講習室(最寄:京都駅下車 徒歩5分)
http://www.consortium.or.jp/about-cp-kyoto/access

<2会場共通>
■流れ:(1)自己紹介・近況共有(15分)
(2)ゲストからの話題提供(50分程度)
(3)意見交換(40分程度)
(4)おわりに(15分)

■定 員:15名(先着順)
■参加費:会員無料、非会員500円、高校生・大学生 無料

■ゲストプロフィール
山中由紀子さん
 1981年、大阪府箕面市生まれ。関西大学文学部卒。就職活動時にはじめて自身の将来を真剣に考え、やりたいことが分からず立ち止まった経験を機にキャリア教育に関心を寄せ、民間会社を経て2009年より地域人材と学校教育をつなぐキャリア教育コーディネーターとして活動をはじめる。大阪府下の小中学校を中心に活動する中で、学校の中にいると地域住民の顔が見えにくいことに課題意識を抱き、次第に「地域と学校の協働の実現」に関心をよせる。
2015年からは島根県の離島・海士町に移住し、同町教育委員会の教育コーディネーターに着任。地元の中学校に在籍し、教員や地域住民とともに地域に「あるもの」を活かした教育の魅力化に取り組む。2018年は「第3期隠岐島前教育魅力化構想」策定委員会事務局メンバーとして構想策定に関与。4年の任期を経て2019年春にふるさと大阪に帰り、再スタートをきる。
 論文に「地域と学校の協働のために必要なコーディネーター機能の一考察 -3つの実践事例の分析から-」(山中由紀子/長谷川香里/若松和子/上田真弓/泰山裕/黒上晴夫,全日本教育工学研究協議会 2018年)認定キャリア教育コーディネーター(一般社団法人 キャリア教育コーディネーターネットワーク協議会/2011年~2018年)。

■申込:
 下記フォームにご記入の上、お申し込みください。
 お問合せにつきましても、メールにてお気軽にどうぞ。
 *申込先アドレス:info@jcef.jp(担当:川中)
=======================================
J-CEFスタディ・スタヂオ 申込フォーム
*メール件名:J-CEFスタスタ申込(お名前○○○○)

・お名前:
・ご所属:
・メールアドレス:
・参加会場: KOBE  or KYOTO
=======================================

<今後のKOBEスタヂオ・KYOTOスタヂオの開催日程>
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
○KOBEスタヂオの開催予定
 10月22日(月)「選挙の現場から考え直す主権者教育」
 11月20日(水)「若者の多様な参加の回路と社会的包摂−スウェーデン視察報告−」
 12月25日(水)  内容未定
○KYOTOスタヂオの開催予定
 10月25日(金) 内容未定
 11月22日(金)「若者の多様な参加の回路と社会的包摂−スウェーデン視察報告−」
 12月20日(金)「シティズンシップ教育では,今どのような教育者が求められているのか?」
*両スタヂオともに時間は全て19時〜21時。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■主催:日本シティズンシップ教育フォーラム(J-CEF)

<個人情報の取扱い>
記載の個人情報は本セミナーの実施および今後の催事実施において、日本シティズンシップ教育フォーラムが利用します。個人情報は目的の範囲内で利用するとともに適切な方法で管理し、法令上の特段の事情がない限り、本人の同意なしに第三者への目的外での開示・提供はいたしません。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
*「J-CEFスタディ・スタヂオ」とは、シティズンシップ教育の実践や研究に取り組まれている方、興味関心を持たれている方が集って学びあう場をつくっていきたいと考え、日本シティズンシップ教育フォーラム(J-CEF)が神戸と京都、東京で行っている定例勉強会です。

J-CEFスタディ・スタヂオTOKYO vol.3 活動報告

[2019/9/9]

2019年9月1日に「子どもの市民性形成に学校風土が与える影響とは?~学校の中の民主主義vol.3~」と題して、TOKYOスタディ・スタヂオvol.3を開催しました。
話題提供は、古田雄一さんに行っていただきました。
詳しくは、活動報告資料(PDF)を作りましたので、ご関心のある方は、ぜひご一読ください。
10月開催予定のVol.4.も含め、今後の皆さんのご参加をお待ちしています!

J-CEFスタディ・スタヂオTOKYO vol.2 活動報告

[2019/8/30]

2019年7月26日に「学校の中の民主主義(2)〜先生のホンネ〜」と題して、TOKYOスタディ・スタヂオvol.2を開催しました。
話題提供は、上田秀麿さん、大畑方人さんに行っていただきました。
詳しくは、活動報告の資料(PDF)を作りましたので、ご関心のある方は、ぜひご一読ください。
Vol.3.(9月1日開催)も含め、今後の皆さんのご参加をお待ちしています!

シティズンシップ教育研究大会2019(要旨集掲載)

[2019/8/22]

シティズンシップ教育研究大会2019「自由研究発表・ランチタイムセッション」の「発表要旨集」を以下の通り,公開いたします。

シティズンシップ教育研究大会2019 発表要旨集(PDF形式,1MB)

この発表要旨集は当日配布はいたしません。大会にご参加される方はお手数ですが,事前にダウンロードしていただき、印刷資料やデータ等でお持ちください。
なお,大会会場では一般の方にご利用いただける無料wi-fiは用意しておりません。ご容赦ください。

【参加者募集】J-CEFスタディ・スタヂオ TOKYO vol.3(2019年9月1日開催)のお知らせ

[2019/8/19]

【子どもの市民性形成に学校風土が与える影響とは?〜学校の中の民主主義vol.3〜】

 9月1日(日)に、東京大学にてTOKYOスタディ・スタヂオvol.3を開催いたします。

 vol.1〜vol.2では、民主主義を学ぶ場である筈の学校が、実は1番民主主義的では無いのでは?といった議論が繰り返し行われてきました。国内外の事例を参考に、学校を民主主義の場として機能させる為には何が出来るかを考えて来ましたが、まだまだその方法は明確に見えないというのが現状といったところ。

 そこで今回のvol.3では、そもそも論に立ち返り、生徒たちの市民性形成に学校風土が与える影響とは?といった問題を考えていきたいと思います。当日は、アメリカの事例を中心に、学校風土と市民性形成について考察した古田さんの研究ノートを取り上げ、皆でディスカッションを行います。

 vol.1、vol.2に参加されていない方も大歓迎ですので、ぜひお越しください。

ーーーーーーーー
J-CEFスタディ・スタヂオ
TOKYO スタヂオ vol.3

テーマ:
「子どもの市民性形成に学校風土が与える影響をとは?〜学校の中の民主主義vol.3〜」

内容:
古田雄一さんの研究ノートを題材に、ディスカッションを行います。

使用文献:
「子どもの市民性形成への学校風土(school climate)の 影響に関する研究動向」(国際研究論叢 32(3):99〜112,2019)
http://id.nii.ac.jp/1197/00001035/

*事前の通読は特に必須ではありませんが、関心のある方は事前にお目通し頂くと理解が深まります。

話題提供者:
古田雄一さん(大阪国際大学短期大学部准教授)

日時:
9月1日(日)14時〜16時半
※13時45分会場

場所:
東京大学 本郷キャンパス 医学部1号館 S309

定員:
15名(先着順)
※定員超過の場合、申し込みを締め切らせていただく場合があります

参加費:
会費500円/非会員1000円
大学生・高校生 無料

お申し込み:
こちらのフォームにご記入ください
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSc-ExCHFk6aFETqnx0h2gJLg27rdWdk8HeOwfGCJ5rej5suYA/viewform