【参加者募集】第4回シティズンシップ教育ミーティング

[2017/1/10]

 

■日 時:2017年3月18日(土) 13:00 ~ 3月19日(日) 17:00
■場 所:立教大学 池袋キャンパス 本館、12号館
 「18歳選挙権」の実現や新科目「公共」の設置、道徳教育の義務化、地方創生の実現に向けた学校地域協働の推進や地域問題解決学習の広がりなど、シティズンシップ教育に関わる社会動向は大きな変化が見られます。こうした状況下だからこそ、様々な視点の人々と対話を通じ、「見晴らし」をよくした上で、自らの現場でどのような目的・目標を掲げて、どのような教育実践や参画推進、政策立案を行えばいいのかを考えたいものです。
今回の全体像では、シティズンシップ教育の実践を通じて「どのような成長を目指すのか?何は外せないのか?」という起点に立ち返り、「市民像」を巡るディスカッションを行います。分科会では、小中高での対話の場づくりや企業と連携した授業づくり、高等教育での主権者教育といった「現場」の話から、グローバル化の中で起こっている諸現象の受けとめや社会的意義の評価といった少し引いたところから捉える話まで幅広く設けました。
また、今回は「発表証明書」を発行する形での「高校生・大学生発表セッション」を新たに設けることとなりました。普段の学習や活動を発表する機会としてご活用ください!
既に日本各地では様々なシティズンシップ教育の実践や研究、政策形成が展開されてきています。異なる観点や力点で動いている関係者が集まり、議論を交わしながら、その多様性を日本のシティズンシップ教育の発展への活力としていければと願っています。

シティズンシップ教育につながる、多くの方々のご参加をお待ちしています。

<1日目(3/18)>
◆オープニング(13:00-13:30)

◆全体会「シティズンシップ教育で育む『市民』とは?」(13:30-17:30)
○テーマ解題:
小玉重夫さん(東京大学大学院教育学研究科教授)
○キーノートスピーカー:
湯浅 誠さん(法政大学現代福祉学部教授、社会活動家)
桑原敏典さん(岡山大学大学院教育学研究科教授)
○コメンテーター:
萩原なつ子さん(立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科教授)

◆交流会(18:00-20:00)

<2日目(3/19)>
◆自由発表セッション、授業体験会(9:30-11:30)
研究発表や実践発表、模擬授業提供を公募いたします!

ご希望の方は、
「(1)お名前、(2)ご所属、(3)発表タイトル、(4)発表種類の選択(研究発表・実践発表・模擬授業)」
を明記の上、「info@jcef.jp」までご連絡ください(締切:3月10日24時)。

◆分科会(12:30-15:15)
■第1セッション「小・中・高校における対話の場づくり」
○ゲスト:
上田真弓さん(兵庫教育大学大学院学校教育研究科准教授)
佐藤孔美さん(お茶の水女子大学附属小学校教諭)
上田秀麿さん(一橋大学大学院社会学研究科博士課程前期課程)
○コーディネーター:
唐木清志さん(筑波大学人間系准教授)

■第2セッション「いまのグローバル化の流れの中でどのようなシティズンシップ教育を進めるべきか?」
○ゲスト:
筒井哲朗さん(シェア・ザ・プラネット代表)
齋藤実央さん(教育ファシリテーター)
ハンガメンさん(東京大学教育学部4年生, 香港からの留学生)
○コーディネーター:
水山光春さん(京都教育大学教育学部教授)

■第3セッション「社会責任を果たす経済主体をどう育むか?〜学校と企業の連携の取組から学ぶ〜」
○ゲスト:
小川 愛さん(日本IBMマーケティング&コミュニケーション/社会貢献部長)
佐藤芳孝さん(文京学院大学女子中学校・高等学校統括校長)
○コーディネーター:
林 大介さん(東洋大学社会学部助教、模擬選挙推進ネットワーク事務局長)

■第4セッション「主権者教育を高校から大学へどうリレーしていくか?」
○ゲスト:
佐藤 淳さん(青森中央学院大学経営法学部准教授)
小玉重夫さん(東京大学大学院教育学研究科教授)
立教サービスラーニング履修学生1-2名及び連携した都内私立高校の生徒1-2名
○コーディネーター:
藤枝 聡さん(立教大学総長室調査役)

■第5セッション「シティズンシップ教育の社会的意義を『評価』でどう表現するか?」
○ゲスト:
佐藤智子さん(東北大学高度教養教育・学生支援機構准教授)
河原洸亮さん(広島大学大学院教育学研究科博士課程前期過程)
○コーディネーター:
古田雄一さん(大阪国際大学短期大学部専任講師)

◆全体会「高校生・大学生発表セッション」(15:30〜16:30)

研究発表や実践発表、模擬授業提供を公募いたします!
ご希望の方は、
募集要項(PDF)をご覧の上、エントリーシート(Excel)を記入し、「info@jcef.jp」までお送りください。(締切:2月28日24時)(ご発表された方には「発表証明書」を発行いたします!)

◆クロージング(16:00-17:00)

なお、属性によって参加費が以下の通り、異なります。
会員3,000円、非会員5,000円、大学生1,000円(会員・非会員問わず)、高校生以下 無料

■対 象:J-CEF会員および本企画にご関心のある方
■定 員:150人(先着順)
■参加費:会員3,000円、非会員5,000円、学生(会員・非会員一律)1,000円、高校生以下 無料
■申 込;以下のウェブページよりお申し込みください。
http://kokucheese.com/event/index/447910/

■主 催:日本シティズンシップ教育フォーラム (J-CEF)(担当:川中・古田)
■共 催:立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科・社会デザイン研究所

<個人情報の取扱い>
記載の個人情報は本セミナーの実施および今後の催事実施において、日本シティズンシップ教育フォーラムが利用します。個人情報は目的の範囲内で利用するとともに適切な方法で管理し、法令上の特段の事情がない限り、本人の同意なしに第三者への目的外での開示・提供はいたしません。

【開催報告】J-CEFスタディ・スタヂオ

[2016/12/21]

シティズンシップ教育の実践や研究に取り組まれている方、興味関心を持たれている方が集って学びあう場をつくっていきたいと考え、神戸では毎月第1水曜日の19時~21時に、京都では毎月第2金曜日の19時~21時に行っている定例勉強会「J-CEFスタディ・スタヂオ」を開催しています。

前回報告以降の実施内容は以下の通りです。

 

<KOBEスタヂオ>

vo.8「高校生の政治参加(学習)プログラムをどうつくるか?」

(話題提供者:藤澤文徳さん/兵庫県立大学環境人間学部)

vol.9「社会をつくるワクワクを政治から」を開催いたしました。

(話題提供者の竹之下惟基さん/ダイバーシティズン)

vol.10「赤ペンを持って、主権者教育の副教材を読もう!」

vol.11「続・赤ペンを持って、主権者教育の副教材を読もう!」

vol.12「多文化共生と主権者教育」

(話題提供者:野崎志帆さん/甲南女子大学)

vol.13「労働者から市民へ」

(話題提供者:片田孫朝日さん/灘中学校・高等学校)

vol.14「選挙を終えて考える、主権者教育の成果と課題とは?」

vol.15「フランスのシティズンシップ教育」

(話題提供者:大津尚志さん/武庫川女子大学)

vol.16「お茶から始まる多文化コミュニケーション」

(話題提供者:宮田健一さん/茶藝館 甜)

 

<KYOTOスタヂオ>

vol.2「エシカルってなんだろう?〜消費者教育を体験する〜」

(話題提供者:雪美保子さん/京都府消費者生活安全センター)

vol.3「大学生との共同主権者教育の授業実施例とその可能性」

(話題提供者:柳川ゆいさん・東大地さん/Mielka)

vol.4「『小さくされたもの』の側に立つ市民への学び」

(話題提供者:川中大輔さん/シチズンシップ共育企画)

vol.5「立命館宇治高校でのシティズンシップ教育」

(話題提供者:杉浦真理さん/立命館宇治中学・高校)

vol.6「新しい主権者教育の授業プランを検討する」

(話題提供者:主権者教育研究会のみなさん/京都大学公共政策大学院)

【共催事業】「論争的学習と哲学的対話」(主催:価値判断力・意思決定力を育成する社会科授業研究会)

[2016/7/13]

 価値判断力・意思決定力を育成する社会科授業研究会の第21回研究大会「論争的学習と哲学的対話」(当会共催)が2016年7月30日に、お茶の水女子大学附属小学校にて開催されます。

 第一部には「論争的学習を通して『政治的リテラシー』を涵養する」と題したシンポジウムが、第二部には「哲学的対話について考える」と題した報告と「哲学的対話と人間性・道徳性の育成」と題した対談が行われます。

 ご関心のある方のご参加をお待ちしています! プログラムの詳細や申込み等のお問い合わせにつきましては、以下のURLをご参照ください。

 

http://homepage3.nifty.com/umesen/kachishishakaika2016-0730.html

【参加者募集】第3回シティズンシップ教育ミーティング

[2016/1/27]

 ここ数年、改めて「民主主義」とは何だろうか、
 ということが各所で問われ、論じられています。

 21世紀社会において、民主主義のバージョンアップは
 どのようなものとして構想することが考えられ、
 その実現にあたっては、市民にはどのような成長が求められるでしょうか。

 18歳選挙権が実現し、学校教育における主権者教育への注目も高まる中、
 「どのように?」だけではなく「なぜ?」「なにを?」についても、
 考えを鍛える機会を設け、共に認識を豊かにしていければと想っています。

 また、分科会では、前回に引き続き、若者の語りに耳を傾けたり、
 教育評価の課題に向き合うセッションを設けるほか、
 今回は新たに社会教育における高度な人材育成の実践や、
 グローバル化推進におけるシティズンシップ教育の方向性を検討するセッションも設けます。

 既に日本各地では様々なシティズンシップ教育の実践や研究、政策形成が展開されてきています。
 異なる観点や力点で動いている関係者が集まり、議論を交わしながら、
 その多様性を日本のシティズンシップ教育の発展への活力としていければと願っています。

 シティズンシップ教育につながる、多くの方々のご参加をお待ちしています。

■日 時:2016年3月19日(土) 13:00 ~ 3月20日(日) 17:00
    (1日目開場12:30、2日目開場 9:00)
■場 所:立教大学 池袋キャンパス 太刀川記念館・12号館
    http://www.rikkyo.ac.jp/access/ikebukuro/direction/

■内容:
<1日目(3/19)>
○オープニング(13:00-13:30)
○全体会(1)「いま、改めて『民主主義』を学ぶとは?」(13:30-16:30)
  ・キーノートスピーチ
    広田照幸さん (日本大学文理学部教授)
    萩原なつ子さん (立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科教授)

○全体会(2)「学校で政治を教えるとは?」(16:45-18:45)
  ・ゲスト
    合田哲雄さん(文部科学省初等中等教育局教育課程課長)
    小玉重夫さん(東京大学大学院教育学研究科教授)
    林大介さん(東洋大学社会学部助教、模擬選挙推進ネットワーク事務局長)

  ・全体会(1)(2)コーディネーター
    村上千里さん(NPO法人持続可能な開発のための教育推進会議 (ESD-J) 事務局長)
    川中大輔さん(シチズンシップ共育企画代表)

○交流会(19:00-21:00)

<2日目(3/20)>
○チェックイン・ミーティング(09:30-10:00)

○自由発表セッション、授業体験会(10:00-12:00)
 研究発表や実践発表、模擬授業提供を公募いたします!
  ご希望の方は、
   「(1)お名前、(2)ご所属、(3)発表タイトル、
    (4)発表種類の選択(研究発表・実践発表・模擬授業)」
  を明記の上、「info@jcef.jp」までご連絡ください。

○分科会(13:00-16:00)
 ・第1セッション 「学校で政治を教えるとは?」

 —————————————————————————————————–
 7月の参院選から18歳選挙権が始まることをうけて「政治教育」「主権者教育」が求められるようになってきました。高校では副教材も配布されています。今、学校現場ではどのような取り組みが行われているのか。そしてこれからどのような可能性があるのか。中学校と高校の実践や課題を聞きながら、議論を深めたいと思います。
    <ゲスト>
      黒崎洋介さん(神奈川県立湘南台高校教諭)
      池本恭代さん (八王子市立上柚木中学校教諭)
    <コーディネーター>
      林大介さん(東洋大学社会学部助教、模擬選挙推進ネットワーク事務局長)

 ・第2セッション 「地域を耕す人材をどう育てるか?」

 —————————————————————————————————–
 地域が持続していくには、多くの人々と共に地域のポテンシャルを掘り起こして耕し、住み続けられる地域づくりの活動/事業に取り組んでいく必要があるでしょう。そうした「地域創生」に関わる市民をいかにして育てるのか。大都市部から農山漁村まで幅広く、その課題に取り組んでいる社会教育の実践に学びます。
    <ゲスト>
      山内幸治さん(NPO法人ETIC.理事・事業統括ディレクター)
      広瀬カズ子さん(ボランティア・市民活動学習推進センターいたばし理事長)
      牧野篤さん(東京大学大学院教育学研究科教授)
    <コーディネーター>
      中村陽一さん(立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科教授)

・第3セッション「若者はなぜ動いたのか?動いてどう変わったのか?」
 —————————————————————————————————–
 いま全国各地で、地域や社会の課題に取り組もうと、若者が動き出しています。彼らは、なぜ動き出したのか。動いたことでどう変わったのか。またどんな課題や葛藤があったのか。本分科会では、実際に動き出した高校生や大学生をゲストに迎え、その経験をお話いただき、若者の思いや動きを後押しするには何が必要か、参加者の皆さんと議論を深めたいと思います。当事者の声から、これからのシティズンシップ教育のあり方を考える時間になれば幸いです。
    <ゲスト>

      緑川航平さん(藤嶺学園藤沢高等学校2年)
      大野発さん(藤嶺学園藤沢高等学校2年)
      加藤志歩さん(国際基督教大学1年)
      小野寺翔さん(神奈川大学1年)
    <コーディネーター>
      古田雄一さん(筑波大学大学院博士後期課程)
 ・第4セッション 「シティズンシップ教育『だからこそ』測るべきものとは?」
 —————————————————————————————————–
 シティズンシップ教育の課題の一つとして必ず「評価」が取り上げられます。「どのように?」の前には当然ながら「なにを/なぜ測るのか?」という問いがあります。その際、汎用的なスキルやコンピテンシーを測るだけでは、シティズンシップ教育の評価とは言えないでしょう。2つの実践報告から、政治的リテラシーや地域/社会参加など、シティズンシップ教育「だからこそ」の中身を細やかに検討していきます。
    <ゲスト>
      市川享子さん(明治学院大学ボランティアセンターコーディネーター)
      岡田泰孝さん(お茶の水女子大学附属小学校教諭)
    <コーディネーター>
      木村 充さん(東京大学特別研究員)

 ・第5セッション 「グローバル・シティズンシップ教育の実践から学ぶ」

 —————————————————————————————————–
 世界の貧困や格差、紛争や環境問題等のグローバルな課題を自分自身に引きつけて、より広い地球益を考えて行動する人を育てる「グローバル・シティズンシップ教育」の取り組みが行われています。「グローバル・シティズンシップ教育」が注目される背景を理解し、2つの学校の実践や課題を聞きながら、参加者の皆さんとともに議論を深めたいと思います。
    <ゲスト>
      藤原孝章さん(同志社女子大学現代社会学部教授)
      硤合宗隆さん(玉川学園中学・高等部教諭)
      松倉紗野香さん(上尾市立上尾東中学校教諭)
    <コーディネーター>
      中村絵乃さん(NPO法人開発教育協会 (DEAR) 事務局長)

○クロージング(16:00-17:00)

■対 象:J-CEF会員および本企画にご関心のある方
■定 員:150人(先着順)
■参加費:会員3,000円、非会員5,000円、学生(会員・非会員一律)1,000円、高校生以下 無料
■申 込;以下のウェブページよりお申し込みください。
     https://ssl.kokucheese.com/event/entry/365189/

■主 催:日本シティズンシップ教育フォーラム (J-CEF)(担当:川中・古田)
■共 催:立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科・社会デザイン研究所
■後 援:NPO法人持続可能な開発のための教育推進会議 (ESD-J) 、文部科学省(申請中)

<個人情報の取扱い>
記載の個人情報は本セミナーの実施および今後の催事実施において、日本シティズンシップ教育フォーラムが利用します。個人情報は目的の範囲内で利用するとともに適切な方法で管理し、法令上の特段の事情がない限り、本人の同意なしに第三者への目的外での開示・提供はいたしません。

「第3回シティズンシップ教育ミーティング」チラシ(ダウンロードしてご活用ください)

【参加者募集】「執筆メンバーにきく!主権者教育の副教材をどう活用するか?」(J-CEFクロストーク)

[2015/10/29]

————————————————————————————————
J-CEFクロストーク vol.5

 執筆メンバーにきく!
 主権者教育の副教材をどう活用するか?

                2015.12.6@東京/2016.1.23@京都
————————————————————————————————

「主権者教育の副教材、どう使うといいのかな、どんな工夫ができそうかな…」
「限られた時間で、教えるべきことも多そうな中、どこまでできるのかな…」
「政治的中立性を守るために、具体的にどういう言動に注意すべきかな…」
「主権者教育って、そもそも何なんだろうか?」

 18歳選挙権が実現し、主権者教育の必要性が強く認識され、
 先日、文部科学省は「政治や選挙等に関する高校生向け副教材」を発行しました。

 今後、印刷物が学校現場へと配布されていきますが、
 既にウェブサイトから指導書を含めた全文がダウンロードできます。
 http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/shukensha/1362349.htm

 その副教材を手に取られた先生方からは、
 上記のような疑問や懸念のつぶやきを耳にすることがあります。

 そこで、日本シティズンシップ教育フォーラム(J-CEF)では、
 副教材の制作に関わった方々をゲストにお招きして、
 主権者教育の副教材の使いこなしについて学ぶ場を設けることといたしました。

 今回の副教材は公民科の教員だけではなく、
 担任を受け持たれる先生方に関わるもので、
 また、学校と連携するNPOや社会教育団体にも関係してくるものです。
 その意味で幅広い方々にご参加いただければと願っています。
 
 もちろん、副教材の内容が主権者教育の全てではなく、
 発展的な取組もまた、学校内外で創り出していく必要性もあるでしょう。
 副教材をよく理解した上で、こうした議論へも展開していければと考えています。

 ご関心ある方のご参加を心からお待ちしています。
 また、この場を必要とされている方が周りにおられましたら、
 広報いただければ、幸いです。

 なお、本セミナーは東日本・西日本の2会場での実施となります。
 ご都合のよい方にご参加ください。

<東日本会場>
 ■日 時:2015年12月6日(日)11時〜17時(10時30分開場)
 ■場 所:東洋大学 白山キャンパス 6号館 2階 6205教室
     (東京都文京区白山5-28-20)
      http://www.toyo.ac.jp/site/access/access-hakusan.html
 ■講 師:黒崎洋介さん(神奈川県立湘南台高校)
       林大介さん(東洋大学, 模擬選挙推進ネットワーク)

       原田謙介さん(NPO法人YouthCreate)
<西日本会場>
 ■日 時:2016年1月23日(土)11時〜17時(10時30分開場)
 ■場 所:中京青少年活動センター 中会議室 (最寄:阪急烏丸駅・地下鉄四条駅)
     (京都市中京区東洞院通六角下ル御射山町262)
      http://ys-kyoto.org/nakagyo/ 
 ■講 師: 黒崎洋介さん(神奈川県立湘南台高校)

        林 大介さん(東洋大学, 模擬選挙推進ネットワーク)
        原田謙介さん(NPO法人YouthCreate)(予定)
      *特別ゲストで大阪W選挙で模擬選挙を実施された先生からの現場報告も予定!
 ■共 催:公益財団法人京都市ユースサービス協会 http://www.ys-kyoto.org/

<2会場共通>
 ■内 容:
  10:30 開場・受付
  11:00 セッション1「主権者教育や副教材活用の悩みどころは?」
  12:30 昼食休憩
  13:30 セッション2「執筆者が答える!副教材の使い方は?」
  16:00 セッション3「どのように現場で実践するか?」
  17:00 終了
   *遅刻や早退はご遠慮ください。
 ■コーディネーター:川中大輔(シチズンシップ共育企画)

 ■対 象:主権者教育に関心のある学校教員や教育関係者(行政・専門家・NPO・メディアなど)
 ■定 員:30名(先着順)
 ■参加費:J-CEF会員 無料、非会員2,000円(当日入会申込可能です)

 ■講師略歴(五十音順)
 ◎黒崎洋介さん(神奈川県立湘南台高等学校教諭)
  1987年神奈川県生まれ。早稲田大学教育学部社会科卒業、早稲田大学大学院教職研究科修了。2012年から、神奈川県立湘南台高等学校にて勤務し、キャリア教育・シティズンシップ教育を担当。専門分野は、総合的な学習の時間・アクティブラーニングなど。

 ◎林 大介さん(東洋大学助教、模擬選挙推進ネットワーク事務局長)
  1976年3月生まれ、2児の父親。子どもの権利条約に高校生時代に出会ったことをきっかけに、今を生き、次代を担う子ども・若者のエンパワーメントや社会参加、シティズンシップ教育をテーマにした活動を始める。NPO職員、文科省職員を経て、現在、東洋大学社会学部社会福祉学科助教、NPO法人コミュニティ・オーガナイジング・ジャパン理事。

 ◎原田謙介さん(NPO法人YouthCreate代表)
  1986年岡山市生まれ。東京大学在学時の2008年に20代の投票率向上を目指し「学生団体ivote」を結成。大学卒業後も「若者と政治をつなぐ」をコンセプトに活動を続け、NPO法人YouthCreateを設立する。内閣府子ども・若者育成支援推進点検・評価会議委員、「One Voice Campaign」発起人。

 ■主催:日本シティズンシップ教育フォーラム(J-CEF)http://jcef.jp

 ■申込;
  下記フォームにご記入の上、お申し込みください。
  お問合せにつきましても、メールにてお気軽にどうぞ。
  *申込先アドレス(担当:川中) info@jcef.jp

=======================================
J-CEFクロストーク vol.5 申込フォーム
 *メール件名:J-CEFクロストーク申込(お名前○○○○)

・お名前:
・メールアドレス:
・ご所属:
・今回期待することやゲストへの質問
・参加会場はどちらですか?:(東日本・西日本)
・J-CEFの会員ですか?( 会員・非会員・当日入会予定 )
・何を通してこの講座をお知りになりましたか?
 (例:**さんの紹介、J-CEFのMLなど)
=======================================

<個人情報の取扱い>
記載の個人情報は本セミナーの実施および今後の催事実施において、日本シティズンシップ教育フォーラムが利用します。個人情報は目的の範囲内で利用するとともに適切な方法で管理し、法令上の特段の事情がない限り、本人の同意なしに第三者への目的外での開示・提供はいたしません。

【J-CEFダイアログ・キャンプ vol.2】

[2015/8/3]

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

J-CEFダイアログ・キャンプ vol.2

中高生のプロジェクト型学習(PBL)の支援、
どのように進めていけばいいのか?

             2015.9.22-23@Kanagawa

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「どのように聴けば、彼ら/彼女らが主体的に動くようになる

 思いを聴くことができるのだろう…」

「彼ら/彼女らの話し合いが広がったり、まとまっていくために、
 どのように関わっていけばいいのだろう…」

「彼ら/彼女らの企画を実現に結びつけるために、
 サポートの加減はどの辺りが適切なんだろう…」

「プロジェクトの後のふりかえりを深めるには、
 どのように問いかけていけばいいのだろう…」

 若者の思いをプロジェクト化し、その実践を通じて、
 シティズンシップを涵養したり、エンパワメントを進めたりすることは、
 ユースワークや社会教育、子ども・若者の参画の場では当然、
 学校教育でも増えていっています。

 大筋で、何をどのようにするのかは分かっていても、
 いざ実際に行ってみようとすると、
 上記のような様々な「難しさ」に直面します。

 今回のJ-CEFダイアログ・キャンプでは、
 そうした実践現場で「どうしたらいいのかな…」と思われている
 「お困りごと」や「悩みどころ」を分かち合いながら、
 「こうすればいいのかな」というアイデアを見つけ出す機会にしたいと考えています。

 ご関心ある方のご参加、お待ちしています!!
 ぜひ学びの場を共にいたしましょう!

■日時:2015年9月22日(火)13時30分~9月23日(水)15時
   (開場:9/22 13時 / 現地集合・解散)
■会場:足柄ふれあいの村(神奈川県南足柄市広町1507)
    http://www.ashigara-fureai.jp/

■プログラム(予定)
◎1日目
 13:00 開場・受付
 13:30 アイスブレイク
 14:00 セッション(1) 参加者と、その活動を知る
      参加されているメンバーの自己紹介と、
      それぞれの活動がどのように行われており、
      今回どのような期待を持って集っているのかを分かち合う。
 17:00 ふりかえり
 17:30 夕食(野外炊事)
 21:00 入浴
 22:00 懇親会
◎2日目
 07:30 起床、散策
 08:00 朝食
 09:30 セッション(2)「テーマ別小グループセッション」
      1日目に共有された参加者の期待や問題意識をもとに
      関心別の小グループを設けて、そこで意見交換などを行う。
      (全体セッションとなる可能性もあり)
 12:00 昼食
 13:00 セッション(3)「学びを自分たちの活動にどう持ち帰るか?」
      2日間の気づきや学びを整理し、
      自らの実践にどのように活かすのかを明らかとする。
 14:00 ふりかえり
 14:30 片付け
 15:00 解散

■定員:15名(先着順)
■対象:中高生や大学生を対象にプロジェクト型学習を行っている方々や
    あるいは始めようとされている方々
    *学校教育や社会教育施設職員、NPOスタッフ等の立場や年齢は問いません。
    *現場への「持ち帰り」の円滑化のため、活動仲間との複数名参加をお勧めいたします。

■参加費:5,000円(宿泊費、食費を含む)

■企画運営メンバー
 ◎湘南まちいくプロジェクト「まちつくクラブ」
  http://shonan-machiiku.com
 ◎YEC(若者エンパワメント委員会)「もう一つの放課後探しプロジェクト」
  http://youth-empowerment.jimdo.com
 ◎シチズンシップ共育企画「ユースACTプログラム」
  http://active-citizen.jp/planning/act.html

■主催:日本シティズンシップ教育フォーラム(J-CEF)

■申込;
 下記フォームにご記入の上、お申し込みください。
 お問合せにつきましても、メールにてお気軽にどうぞ。
 *申込先アドレス(担当:中村・川中)
  info@jcef.jp

=======================================
J-CEFダイアログ・キャンプ vol.2 申込フォーム
 *メール件名:J-CEFダイアログ2申込(お名前○○○○)

・お名前:
・性別:
・ご年齢:
・ご所属:
・ご住所:
・電話番号(遅刻等、緊急用なのでできれば携帯):
・メールアドレス:
・アレルギー等の有無:
・J-CEFの会員の有無:会員 or 非会員

・遅刻や早退される場合、その日時と食事申込をお教えください。
  □該当する(遅刻・ 早退)
  □遅刻/早退の日時
  □食事(申し込むものを■にする)
   □1日目夕食
   □2日目朝食
   □2日目昼食
=======================================

<個人情報の取扱い>
記載の個人情報は本セミナーの実施および今後の催事実施において、日本シティズンシップ教育フォーラムが利用します。個人情報は目的の範囲内で利用するとともに適切な方法で管理し、法令上の特段の事情がない限り、本人の同意なしに第三者への目的外での開示・提供はいたしません。

[8/5参加者募集] J-CEFスタディ・スタヂオ

[2015/7/23]

【J-CEFスタディ・スタヂオ】

 関西地域でもシティズンシップ教育の実践や研究に取り組まれている方、興味関心を持たれている方が集って学びあう場をつくっていきたいと考え、日本シティズンシップ教育フォーラム(J-CEF)では、定例の勉強会「J-CEFスタディ・スタヂオ」を開催しています。(毎月第1水曜夜, 19時~21時に開催)
 第2回目は、普天間基地問題を巡る大学生向けスタディーツアーのプログラムデザインをテーマに行います。ご関心ある方のご参加を心からお待ちしています!
■日 時:2015年8月5日(水)19時~21時(開場:18時45分)
■会 場:市民活動センター神戸 事務所2F(阪神西元町駅徒歩1分、JR神戸駅、阪急花隈駅、地下鉄大倉山駅徒歩8分)
    http://kobekec.net/about/access/
■話題提供者:大福聡平さん(NPO法人しゃらく)
■内 容:(1)話題提供者からの発表(20分程度)
    (2)全体で論点抽出(15分程度)
    (3)論点別グループ討議(40分程度)
    (4)全体討議(30分程度)
    (5)情報交換(15分程度)
■定 員:15名(先着順)
■参加費:会員 無料、非会員 500円、高校生・大学生 無料
■申 込:ご参加をご希望の方は、(1)お名前、(2)ご所属、(3)連絡先(E-mail)をご記入の上、事務局(info@jcef.jp)までご連絡ください。

<個人情報の取扱い>
記載の個人情報は本セミナーの実施および今後の催事実施において、日本シティズンシップ教育フォーラムが利用します。個人情報は目的の範囲内で利用するとともに適切な方法で管理し、法令上の特段の事情がない限り、本人の同意なしに第三者への目的外での開示・提供はいたしません。

[8/11参加者募集] J-CEFダイアログ・キャンプ

[2015/7/23]

【J-CEFダイアログ・キャンプ】

 今国会において、「18歳選挙権」が実現し、高校における主権者教育の必要性が各所で述べられています。来年の参院選では、全員ではありませんが、今の高校3年生や高校2年生が投票権を持つこととなり、この間に行われる地方選も含めれば、文字通り「待ったなし」です。

 しかし、「さぁ、どうするか」となってくると、「政治」の扱いを巡って、色々な不安や懸念が生じてきます。例えば、このテーマに関係してよく議論になる「政治的中立性」の実現も、言うのは簡単ですが、実際の場面での具体的な動きを考えれば、教材の選び方から紹介の仕方、その他にも生徒の発言への応答など、なかなかに難しいところ。
 また、いくら教員がやる気で工夫をこらしても、生徒の興味関心との温度差があれば、冷ややかに「スルー」されてしまうことも…。
 「三人寄れば文殊の知恵」とも言いますので、一人でこうしたことに悶々とするのではなく、興味関心のあるメンバーで集まって、一日じっくりと議論を楽しみ、不安や懸念等の払拭を進めませんか?
 もちろん、学校教員の方に限りません。学校の「外」の方の新しいアイデアが突破口となることもあるでしょう。ご関心ある方のご参加、お待ちしています!!
■日時:2015年8月11日(火)10時~17時30分(開場:9時45分)
■会場:大阪市立青少年センター(KOKO PLAZA)
    http://www.kokoplaza.net/ (新大阪駅徒歩5分)
■プログラム(予定)
 10:00 オープニング
 10:30 セッション1「改めて、主権者教育とは?」
 12:00 昼食休憩(各自でおとりください)
 13:00 セッション2「現場の不安や懸念、たなおろし」
 15:00 セッション3「払拭する手立てを考える」
 17:00 クロージング
 17:30 終了
 18:00 オプショナルプログラム「情報交換会」(懇親会)
■定員:20名(先着順)
■対象:シティズンシップ教育や主権者教育に取り組んでいる方や関心のある方
    *学校教育や社会教育施設職員、NPOスタッフ等の立場や年齢、実績は問いません。ご関心があれば、ぜひ学びの場を共にいたしましょう!
■参加費:会員 1000円、非会員 2000円、高校生・大学生 無料
■ファシリテーター
◎川中大輔(シチズンシップ共育企画代表)
 1980年、神戸生まれ。98年から野外教育や不登校児童支援、環境、まちづくり、NPO支援の市民活動に参加し、03年にシチズンシップ共育企画を設立。01年から全国各地で市民教育や協働まちづくり、NPOマネジメントのワークショップを担当。京都市青少年活動推進協議会委員、(公財)京都市ユースサービス協会企画委員ほか公職多数。立命館大学・甲南大学・甲南女子大学・神戸国際大学・大阪樟蔭女子大学大学院・国立明石高専・兵庫県立御影高校にて非常勤講師。
■申 込:ご参加をご希望の方は、(1)お名前、(2)ご所属/役職、(3)連絡先(E-mail)、(4)J-CEFの会員の有無(会員 or 非会員)、(5)懇親会の出欠(参加 or 不参加)をご記入の上、事務局(info@jcef.jp)までご連絡ください。
<個人情報の取扱い>
記載の個人情報は本セミナーの実施および今後の催事実施において、日本シティズンシップ教育フォーラムが利用します。個人情報は目的の範囲内で利用するとともに適切な方法で管理し、法令上の特段の事情がない限り、本人の同意なしに第三者への目的外での開示・提供はいたしません。

【イベント案内】第2回シティズンシップ教育ミーティング

[2015/2/9]

(以下、転送・転載歓迎)
—————————————————————————————————————————-
日本シティズンシップ教育フォーラム(J-CEF)主催
 第2回 シティズンシップ教育ミーティング
 「シティズンシップ教育を進める上で何を大切にすべきか?」
                  2015.3.21-22@東京
—————————————————————————————————————————-
 様々なシティズンシップ教育の実践や研究、政策形成が
 既に日本各地で展開されてきています。
 いま大切なのは、異なる立場や関心、力点をもった方々が集まり、議論を交わし、
 その多様性を日本のシティズンシップ教育の
 さらなる発展への活力としていくことではないでしょうか。
 日本シティズンシップ教育フォーラムでは、
 そのように多様な方々が交わり、議論を深める機会として
 「第2回シティズンシップ教育ミーティング」を開催いたします。

 

■日 時:2015年3月21日(土) 13:00 〜 3月22日(日) 17:00
■場 所:立教大学池袋キャンパス 太刀川記念館・12号館
■内 容:
1日目 [ 2015年3月21日(土) ]
 ○全体会「シティズンシップ教育を進める上で何を大切にすべきか?」
  ・キーノートスピーチ
    小玉重夫さん(東京大学大学院教育学研究科教授)
    長沼豊さん(学習院大学文学部教育学科教授)
  ・コーディネーター
    冨士原紀絵さん(お茶の水女子大学文教育学部准教授)
    古田雄一さん(筑波大学大学院博士後期課程人間総合科学研究科)
 ○交流会(参加費4000円)

 

2日目 [2015年3月22日(日) ]
 ○チェックイン・ミーティング
 ○自由発表セッション
  研究発表や実践発表を公募いたします!
   ・コーディネーター
    笹井宏益さん(国立教育政策研究所生涯学習政策研究部部長)
    小玉重夫さん(東京大学大学院教育学研究科教授)
    水山光春さん(京都教育大学教育学部教授)
    岡田泰孝さん(お茶の水女子大学附属小学校教諭)
    杉浦真理さん(立命館宇治中学・高等学校教諭)
    林大介さん(模擬選挙推進ネットワーク事務局長・東洋大学社会学部助教)ほか

 

 ○分科会
  1) 第1セッション「良い授業を「ともに」作るには?−学校と外部の連携によるシティズンシップ教育実践−」
 学校と他のアクターが連携してシティズンシップ教育の実践を生み出す事例が増えています。本セッションでは、そうした連携による実践の可能性や、効果的な連携の鍵について、小学校・中学校・高校の実践事例を通して考えたいと思います。
   ・コーディネーター:長沼豊さん(学習院大学文学部教育学科教授)
   ・ゲスト:荒城大輔さん(川崎市立長沢小学校教諭)
        平川良一さん(川崎市麻生区社会福祉協議会)
        大久保正弘さん(シティズンシップ教育推進ネット代表)ほか

 

  2) 第2セッション「シティズンシップ教育の効果をどう測るのか−評価の実際と留意点−」

 シティズンシップ教育における学習評価や効果検証の理論や方法の確立は、今後この分野を定着させていく上で不可欠です。そうした問題意識から、本セッションでは、シティズンシップ教育における「評価」について議論を深めます。
   ・コーディネーター:河井亨さん(立命館大学教育開発推進機構講師)
                川中大輔さん(シチズンシップ共育企画代表)
   ・ゲスト:木村充さん(東京大学大学院学際情報学府博士課程)
        酒井淳平さん(立命館宇治高等学校教諭)
        民谷洋二さん(尼崎市教育委員会指導主事)

 

  3) 第3セッション「10代の参加が社会 (よのなか) を動かす」
 若者は、どのような思いから社会に参画し、またそうした経験は若者にとっていかなる意味を持つのでしょうか。本セッションでは、実際にそうした実践にかかわった10代の当事者や、若者の参画をサポートする方々を招き、ともに議論を深めたいと思います。
   ・コーディネーター:原田謙介さん(NPO法人YouthCreate代表)
                林大介さん(模擬選挙推進ネットワーク事務局長・東洋大学社会学部助教)
   ・ゲスト:森野宇宙さん(高校生教育再生会議代表、Teen’s Rights Movement 高校生代表)
        鈴木杏佳さん(YEC「若者エンパワメント委員会」メンバー、高校2年生)
                        ほか、カタリバやOECD東北スクールの参加者

 

  4) 第4セッション「まちかどの公共空間を考える」
 市民が出会い、学びあう場として、町中の公共空間の可能性に改めて注目が集まっています。本セッションでは、劇場、美術館、図書館などで市民の学びの場づくりに携わっている方々をお招きし、その可能性や課題、今後の展望を探ります。
  ・コーディネーター:中村陽一さん(立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科教授)

  ・ゲスト:桑谷哲男さん(座・高円寺<杉並区立杉並芸術会館>館長)
       中野未知子さん(東京都美術館アート・コミュニケータ)
       西田司さん(建築家(株)オンデザインパートナーズ代表取締役)
 ○クロージング

 

■対 象:J-CEF会員および本企画にご関心のある方
■定 員:100人 (予定)
■参加費:会員3,000円、非会員5,000円、学生(会員・非会員一律)1,000円、高校生以下 無料
     ※参加費は当日、受付にてお支払いください。
■申 込:以下のウェブページよりお申し込みください。
■主 催:日本シティズンシップ教育フォーラム (J-CEF)(担当:林・川中)
      URL http://jcef.jp/ E-mail info@jcef.jp
■共 催:立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科・社会デザイン研究所(予定)

 

チラシをダウンロードいただけます!
jcefmtg2

 

<個人情報の取扱い>
記載の個人情報は本セミナーの実施および今後の催事実施において、日本シティズンシップ教育フォーラムが利用します。個人情報は目的の範囲内で利用するとともに適切な方法で管理し、法令上の特段の事情がない限り、本人の同意なしに第三者への目的外での開示・提供はいたしません。

【イベント案内】J-CEFクロストーク vol.4 「地方自治をどう教えるか?学ぶのか?」

[2015/2/2]

(以下、転送・転載歓迎)
———————————————————————————-
J-CEFクロストーク vol.4

 地方自治をどう教えるか?学ぶのか?

                     2015.3.1@京都
———————————————————————————-

 21世紀社会におけるコミュニティマネジメントについて、
 行政を中心とする統治から多様な主体による協治への転換が求められて、
 既に久しくなっています。

 こうした趨勢にあって、中学「社会科」・高等学校「公民科」における
 地方自治教育でも当然にリニューアルが求められることとなり、
 既に各地で新たな実践が展開され始めています。

 そこで、本企画ではそうした実践を共有しながら、
 どのような方向へと地方自治教育を深化させていくべきかを
 明らかとすることをめざします。

 統一地方選を前に、改めて「地方自治」の教育について一緒に考えませんか?
 ご関心のある方のご参加をお待ちしています!

■日 時:2015年3月1日(日)13時30分〜17時30分(13時開場)
■場 所:中京青少年活動センター 中会議室(最寄:阪急烏丸駅・地下鉄四条駅)
     (京都市中京区東洞院通六角下ル御射山町262)
      http://ys-kyoto.org/nakagyo/
■内 容:
 13:00 開場・受付
 13:30 オープニング
 13:40 3人のパネリストからの問題提起
     ・富野暉一郎さん(龍谷大学政策学部教授)
       −地方自治の研究から
     ・杉浦真理さん(立命館宇治中学校・高等学校教諭)
       −模擬投票や地域参加活動を取り入れた社会科教育の現場実践から
     ・原田謙介さん(NPO法人YouthCreate代表)
       −若者と政治家との対話機会や政治教育プログラムを展開するNPOの実践から
 15:10 休憩
 15:20 全体討論
 17:20 クロージング
 17:30 終了
 *遅刻や早退はご遠慮ください。

■パネリスト
◎富野暉一郎さん(龍谷大学政策学部教授)
 1944年逗子生まれ。東京大学大学院理学研究科博士課程中退。神奈川県逗子市長、島根大学法文学部教授などを経て、現在、龍谷大学政策学部教授(地方自治論)。研究分野は地方自治論および地域経営論。市民の力による地方自治を、地球規模の新たな枠組みに位置付けるグローカリズムを提唱。著書に『地域公共人材教育研修の社会的認証システム』(編著, 日本評論社, 2008年)など。

◎杉浦真理さん(立命館宇治中学校・高等学校教諭)
 1963年東京生まれ。大阪教育大学大学院教育学研究科修士課程修了。白梅学園高等学校を経て、現在、立命館宇治中学校・高等学校教諭、立命館大学講師(社会科・公民科授業研究)、全国民主主義教育研究会機関誌編集長などを務める。著書に『シティズンシップ教育のすすめ』(法律文化社, 2013年)など。

◎原田謙介さん(NPO法人YouthCreate代表)
 1986年岡山市生まれ。東京大学在学時の2008年に20代の投票率向上を目指し「学生団体ivote」を結成。大学卒業後も「若者と政治をつなぐ」をコンセプトに活動を続け、NPO法人YouthCreateを設立する。元内閣府子ども・若者育成支援推進点検・評価会議委員、「One Voice Campaign」発起人。

■コーディネーター:
 川中大輔(シチズンシップ共育企画代表)

■定 員:20名(先着順)
■参加費:J-CEF会員 無料、非会員 1,000円
     *当日入会申込可能です。

■主催:日本シティズンシップ教育フォーラム(J-CEF)http://jcef.jp
■申込;
 下記フォームにご記入の上、お申し込みください。
 お問合せにつきましても、メールにてお気軽にどうぞ。
 *申込先アドレス(担当:林・川中)
  info@jcef.jp

=======================================
J-CEFクロストーク vol.4 申込フォーム
 *メール件名:J-CEFクロストーク申込・西日本(お名前○○○○)

・お名前:
・メールアドレス:
・ご所属:
・今回期待することやゲストへの質問
・J-CEFの会員ですか?( 会員・非会員・当日入会予定 )
・何を通してこの講座をお知りになりましたか?
 (例:**さんの紹介、J-CEFのMLなど)
=======================================

<個人情報の取扱い>
記載の個人情報は本セミナーの実施および今後の催事実施において、日本シティズンシップ教育フォーラムが利用します。個人情報は目的の範囲内で利用するとともに適切な方法で管理し、法令上の特段の事情がない限り、本人の同意なしに第三者への目的外での開示・提供はいたしません。