【ニュースレター発行】J-CEF NEWS .no3(2014 SPRING)を発行しました!

[2014/6/25]

 このたび、年に四回、J-CEF会員の皆さまに無料でお送りしているニュースレター「J-CEF NEWS no.3」が発行されましたことをお知らせ致します。今回もまた、執筆陣の方々からシティズンシップ教育の実践事例や、多様な側面を切り込む視点をご提供いただきました。お楽しみください。

また、非会員の皆さまにも試し読みができるページを用意致しました。今号も、シティズンシップ教育にかかわる方々による【リレーエッセイ】をお読みできます。今号のリレーニュース執筆者は、木村充さん(東京大学大学院学際情報学府)です。J-CEF役員でもある木村さんからは、現在の問題意識と一般社団法人広島国際青少年協会のユニークな実践、J-CEFに対する期待をご紹介いただきました。

J-CEF NEWS no.3を試し読み

他にも、

実践事例紹介「未来の有権者が生の政治を身近に感じる「未成年”模擬”選挙」」
林大介さん(東洋大学)

書評
『道はみんなのもの』(クルーサ著)、『「遊ぶ」が勝ち〜『ホモ・ルーデンス』で君も飛べ〜』(為末大著)」
西川正さん(NPO法人ハンズオン!埼玉常務理事)、

特集「シティズンシップ教育を進める上で何を大切にするべきか ?」
原田謙介さん(NPO法人Youth Create)

編集長の目
水山光春さん(京都教育大学教育学部教授)

などなど、魅力的な記事が詰まっています。ぜひご覧頂き、シティズンシップ教育を拡げていく/考えていくJ-CEFのネットワークへのご参加をご検討ください!!

【イベント案内】J-CEFクロストーク vol.2  海外視察合同報告会 〜欧米の動きから日本の磨きどころを考える〜

[2014/5/12]

—————-(以下、転送・転載歓迎)——————————————————–

 J-CEFクロストーク vol.2

海外視察合同報告会〜欧米の動きから日本の磨きどころを考える〜

              2014.5.31@京都、6.15@東京

———————————————————————————————————————-

欧米でのシティズンシップ教育やユースワーク、コミュニティ形成の実践について、今春行われた現地視察で仕入れてきた最新動向を共有し、日本での取組への活用について考察を深めていくために、以下の通り、合同報告会を開催いたします。

3本一気にまとめて、海外の動きを学ぶ機会となります。ぜひご関心のある方はご参加ください!

(さらに…)

【当日運営ボランティア募集】「シティズンシップ教育ミーティング」3/15-16

[2014/2/20]

J-CEFでは、3月15日(土)、16日(日)に開催する「シティズンシップ教育ミーティング」の運営を担うボランティアを募集しています!詳細は以下をご覧ください。

■活動概要
・日程:2014年3月15日(土)8:00~20:30、3月16日(日)9:00〜17:00(いずれも予定)
・場所:立教大学(予定)
・活動内容:受付、会場設営、分科会セッションの記録作成、写真撮影など
・募集人数:10名程度
・集合時間・場所:追ってご連絡いたします。

■申込方法
件名に「シティズンシップ教育ミーティング【当日ボランティア】申込(名前○○○○)とお書きの上「お名前(ふりがな)、メールアドレス、電話番号、ご所属」を記入し事務局(info@jcef.jp)までメールにて送信ください。

※申込締め切り:2014年3月7日(金)まで

【シティズンシップ教育ミーティング】チラシをダウンロードいただけます

[2014/1/30]

2014年3月15日(土)、16日に開催予定の「シティズンシップ教育ミーティング」の告知チラシが、こちらのページからダウンロードいただけます。

ぜひ、ご関心のある皆さまにお誘いいただく際にご活用いただきますようよろしくお願いいたします。

シティズンシップ教育ミーティングチラシ

シティズンシップ教育ミーティングの開催概要はこちら

【FAQ】「シティズンシップ教育ミーティング」によく寄せられるご質問集

[2014/1/22]

このページでは、3月15日~16日に開催予定のシティズンシップ教育ミーティングに関して
寄せられる質問についてQ&A形式でまとめました。参考にご覧ください。
シティズンシップ教育ミーティングの開催概要はこちら

 

【プログラム参加について】

 Q
両日参加は予定があって難しいです。片方の日程だけ参加しても大丈夫ですか?

A
主催者としては2日間通してプログラムを組んでいるため、両日ご参加いただくのがおすすめです。
ただし、片方の日程のみにご参加いただくことも可能です!ですが参加日程に関わらずお支払い
いただく参加費は変更ありません。ご了承くださいませ。

Q
2日目だけの参加も大丈夫ですか?ついていけるか心配です。

はい、歓迎致します!
1日目のプログラムは各分科会がゲストのお話が中心になり、2日目は1日目を踏まえたゲストと会場双方向のやり取りへと展開する予定でおります。そのため、2日目のチェックインからご参加いただくことが可能であれば、会場の皆さんと振り返りの時間と機会をもつこととなりますので,ぜひその機会をいかして議論に参加なさってください。

 

【料金等について】

 Q
第一セッションと全体会が無料とホームページに書いてありますが、そこだけ参加も可能ですか?

はい、当プログラムはある程度の関心がある方や,会場付近でご関心をもたれた方も参加できるように企画致しました。もちろん、1日目に第一セッションと全体会のみ参加ということであれば無料でご参加いただけます。
しかし、2日間を通してご参加された皆さん同士の体験と振り返りの交流がシティズンシップ教育ミーティングの醍醐味です。1日目だけではもったいないです、ぜひ2日間ご参加ください!!

  Q

学生価格ってないんですか?

A
大変申し訳ありませんが、ご用意しておりません。ですが、学生の皆さん向けに定員10名ほどでボランティアを募集する予定です。ご案内の準備ができましたらFacebookやTwitter、当ホームページで掲載致します。ぜひ、ご関心のある皆さまで注目してお待ちください。

 

【その他】

Q
まだ非会員ですが,当日の入会手続きは可能ですか?

 A
もちろん可能です。受付にてお申し付けください。
J-CEFの年度は12月締めのため,シティズンシップ教育ミーティングのタイミングでお申し込みいただければと存じます。
会員特典の詳しいご案内はこちらから

 

シティズンシップ教育ミーティングの募集開始!

[2014/1/14]

■□■□———
日本のシティズンシップ教育のさらなる発展を図っていくために、実践・研究・政策等に携わっている様々な方たちや、取り組みに関心のある方たちがともに集い、交流や意見交換を図ることで結びつきを深めていく日本で唯一の場となります。

———■□■□

【開催日時】2014年3月15日(土)、16日(日)
【応募締切】2014年3月7日(金)17時
【募集案内】日本シティズンシップ教育ミーティング開催情報

詳細は上記リンクよりご覧いただけます。奮ってご参加ください。

【イベント案内】 J-CEFクロストークvol.1 参院選の総括から「若者の政治参加」を考える

[2013/8/26]

———————————————————————————-
J-CEFクロストーク vol.1

参院選の総括から「若者の政治参加」を考える
~私たちは3年後に向けて何をすべきなのか?~

2013.9.15@東京
———————————————————————————-

参院選が行われて一ヶ月が経とうとしています。

初のネット選挙解禁など、騒がれるところもあって、新しい動きも確かに見られたものの、
ふたを開けてみれば、投票率は上がるどころか寧ろ低下してしまいました。
また、理解や判断が難しい争点が多い中、市民の間で議論が深まったのかと言えば、
十分であったとは言い切れなかったのではないでしょうか。

衆議院が解散されなければ、次の国政選挙は3年後。
その3年後に向けて、市民の政治参加を促進していく上で、
シティズンシップ教育に携わる私たちには、
どのような取組が求められるのでしょうか。

参院選で展開された様々な動きの総括を行いながら、
この問いに接近していきたいと思います。

今回は特に「若者の政治参加」に焦点を絞り、
この分野をリードされているゲストの方々を囲んで、
ディスカッションの機会を設けます。

ご関心のある方のご参加をお待ちしております!

■日 時:2013年9月15日(日)13:30〜16:30(13時開場)
■場 所:東京大学本郷キャンパス 医学部1号館3階 S309教室
http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_02_02_j.html

■内 容:
13:00 開場
13:30 オープニング
13:40 問題提起1「若者と政治の関係をみなおす」(原田謙介さん)
14:00 問題提起2「“若者の政治離れ“と”政治の子ども離れ”」(林大介さん)
14:20 休憩
14:30 パネルディスカッション(原田さん、林さん、山崎武昭さん)
15:10 全体討議
16:10 クロージング
16:30 終了
*遅刻や早退はご遠慮ください。

■ゲスト:
◎原田謙介さん(NPO法人Youth Create代表)
「若者と政治をつなぐ」をコンセプトに活動。地方議員と若者の交流会「VotersBar」の全国展開や、行政・企業とのコラボ企画、選挙時の投票率向上に向けた企画等を実施。大学3年時に20代の投票率向上を目指し「学生団体ivote」を設立。卒業後の2012年4月インターネット選挙運動解禁を目指し「OneVoiceCampaign」を立ち上げる。全国での講演を行う。zero選挙2013出演。元内閣府子ども・若者育成支援推進点検・評価会議委員。

◎林大介さん(模擬選挙推進ネットワーク事務局長、東洋大学助教)
高校生の時に子どもの権利条約に出会ったことで、「市民としての子どもの社会参加」促進に携わる。その後、2002年2月の町田市長選挙で「未成年模擬選挙」に取り組んだことをキッカケにして、模擬選挙の普及推進に取り組み、2006年に模擬選挙推進ネットワークを設立。事務局長就任。障害児介助員、中高教師、NPO法人チャイルドライン支援センター事務局長、文部科学省専門職などを経て現職。1976年生まれ、2児の父親。

◎山崎武昭さん(模擬選挙推進ネットワーク代表)
1985年生まれ。模擬選挙推進ネットワーク代表。今春、早稲田大学政治経済学部政治学科を卒業し教育の企業に入社。中学生のときスポーツニュースのためにニュースを見るようになり、次第に政治に興味を持つ。18歳のときに模擬選挙に投票。翌年、スタッフに誘われて模擬選挙の活動を手伝うようになる。現在は、学校が、より模擬選挙等体験学習をする場になるようにしたいと思いながら働いている。最近の悩みは時間不足。

■コーディネーター:川中大輔(シチズンシップ共育企画代表)

■定 員:20名(先着順)
■参加費:J-CEF会員 無料、非会員 1,000円
*当日入会申込可能です。

■主催:日本シティズンシップ教育フォーラム(J-CEF)
http://jcef.jp

■申込:
以下の申し込み用URLにアクセスいただき、
必要事項をご記入ください。
https://ssl.kokucheese.com/event/entry/110636/

または、下記フォームにご記入の上、お申し込みください。
お問合せにつきましても、メールにてお気軽にどうぞ。
*申込先アドレス(担当:古田・川中)
info@jcef.jp

=======================================
J-CEFクロストーク vol.1 申込フォーム
*メール件名:J-CEFクロストーク申込(お名前○○○○)

・お名前:
・メールアドレス:
・ご所属:
・今回期待することやゲストへの質問
・J-CEFの会員ですか?( 会員・非会員・当日入会予定 )
・何を通してこの講座をお知りになりましたか?
(例:**さんの紹介、J-CEFのMLなど)
=======================================

<個人情報の取扱い>
記載の個人情報は本セミナーの実施および今後の催事実施において、日本シティズンシップ教育フォーラムが利用します。個人情報は目的の範囲内で利用するとともに適切な方法で管理し、法令上の特段の事情がない限り、本人の同意なしに第三者への目的外での開示・提供はいたしません。

設立記念シンポジウムを実施しました!!

[2013/3/21]

3月17日J-CEF(日本シティズンシップ教育フォーラム)設立記念シンポジウムを開催することができました!!

当日はおよそ150名の方々のご参加を得ることができました。
ご参加の顔ぶれは教員、教育に携わるNPO、大学、学生など多方面の方々にわたり、
厚いご関心をお寄せいただきました。誠にありがとうございました。

又、会場を始めとした立教大学の皆様のご協力によって実施することができました。

御礼申し上げます。

また詳しい当日の様子は追ってご報告致します。

poccojcef

今後ともよろしくお願い申し上げます。

事務局

設立記念シンポジウムのチラシがダウンロードできます

[2013/2/5]

こんにちは!!

J-CEF事務局です。

大変遅くなりましたが、こちらのページからチラシをダウンロード可能にいたしました。

ぜひ,ご関心のある皆さまにお誘いいただくときに,ご活用いただきますようよろしくお願いいたします。

ダウンロードはこちら⇒ J-CEFシンポジウムチラシ

【告知】J-CEF設立記念シンポジウムのお知らせ

[2013/2/5]

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日本シティズンシップ教育フォーラム(J-CEF)設立記念シンポジウム
「シティズンシップ教育が拓く未来とは?」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2013.3.17■□■

人々の価値観が多様化した現代社会。
「よりよい未来」を創っていくために、何が大切なのでしょうか。
いま、シティズンシップ教育への関心が高まっています。

わたしたち市民が地域や社会を変革し、創造するプロセスに関わること。
その担い手を育てるシティズンシップ教育の実践と研究、政策形成が、
幅広い世代に対して多様な形態により展開されていっています。

そこでこの度、シティズンシップ教育に関わる人々を応援しながら、
実践を推進しやすい環境づくりを展開し、
関係者のネットワーキングを進めることを目的として
日本シティズンシップ教育フォーラム(J-CEF)を設立する運びとなりました。

本シンポジウムは、このJ-CEFの設立を記念したものです。
シティズンシップ教育に関わる様々な取り組みの交流を行い、
「シティズンシップ教育が拓く未来」について考えていきます。

■日時
2013年3月17日(日) 13:30~17:00
(開場・受付 13:00~)

■会場
立教大学 太刀川記念館 多目的ホール(3階)
〒171-8501 東京都 豊島区西池袋3-34-1
http://www.rikkyo.ac.jp/access/ikebukuro/direction/

■内容
[1]開会挨拶
[2]ショートスピーチ
[3]パネルディスカッション
[4]総括講演
[5]閉会挨拶
シティズンシップ教育の実践・研究・政策形成に関わる方々にご登壇いただきます。
ショートスピーチでは先駆的な取り組みについて事例発表をいただき、
パネルディスカッション及び総括講演にて、
日本におけるシティズンシップ教育の今後の展望に関する考察を深めていきます。

■登壇者
[ショートスピーチ]
唐木清志氏(筑波大学大学院人間総合科学研究科准教授)
黒崎洋介氏(神奈川県立湘南台高等学校教諭)
杉浦真理氏(立命館宇治高等学校教諭)
中村絵乃氏(NPO法人開発教育協会理事・事務局長)
古田雄一氏(東京大学大学院教育学研究科修士課程、わかもの科代表)
村上千里氏(認定NPO法人「持続可能な開発のための教育の10年」推進会議理事・事務局長)
その他、教育委員会関係者様にもご登壇いただきます。
[パネルディスカッション]
・パネリスト
岡田泰孝氏(お茶の水女子大学附属小学校教諭)
林大介氏(模擬選挙推進ネットワーク事務局長)
水山光春氏(京都教育大学教育学部教授)
・コーディネーター
中村陽一氏(立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科教授)
[総括講演]
小玉重夫氏(東京大学大学院教育学研究科教授)

■対象
シティズンシップ教育に関心のある方
(シティズンシップ教育の実践者・研究者・政策担当者など)

■定員:150名(先着順)

■参加費:無料

■主催:日本シティズンシップ教育フォーラム(J-CEF)設立準備会
http://jcef.jp/

立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科、立教大学社会デザイン研究所

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■お申込・お問合せ先
以下の①②いずれかの方法にてお申込みください。
申し込み締め切りは3月10日(日)17時です。
※残席があれば、申込締切後も受け付けます。
※定員に達し次第締め切らせていただきますので、予めご了承ください。

①ウェブ
以下のURLより、パソコン又は携帯電話にてご入力ください。
https://ssl.kokucheese.com/event/entry/70051/

②メール
申込みフォームにご記入の上、下記送信先アドレスへお申し込みください。
お問合せにつきましても、同アドレスへお気軽にお送りください。
[申し込みフォーム]――――――――――――――――――
※メール件名=J-CEF設立記念シンポジウム申込(名前○○○○○)
※送信先=info@jcef.jp(担当:神野)
○お名前(ふりがな):
○年齢:
○メールアドレス:
○ご所属:
○このシンポジウムを何を通してお知りになりましたか?:
(例:××さんの紹介、○○のメールマガジンなど)
―――――――――――――――――――――――――――
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━